スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠初期、出血で診察を受けたら、双子だと判明した日&周りの反応

Category : 双子妊娠・出産
先日家族で来たこの公園

20151115 (19)

妊娠前は、よくモコを連れて散歩に行ったりしていたのですが

出産後、来たのは初めて


最後に来たのは、妊娠中に、双子だとわかった直後で、ここに車を停めて、泣きながらこの公園の前にある池を眺めていました

20151115 (15)


その日は6w6d(6週6日目)この呼び方も懐かしい

朝から腰がだるくて生理3日目のようなじんわりとした痛みが

オリモノに茶色のものが混ざっていたが、様子を見ていたら昼過ぎに大量の茶色のオリモノがでてきた

土曜だし、どうしよう、と悩んだが、病院に電話して緊急で見てもらえることになりました


夫は仕事だったので、一人で車を運転して病院の緊急用入口から入る


そこで入院の病棟にいるいつもとは違う、女性の先生にエコーを受けました


「出血の方は確かにしてる。安静にしてくださいね」

といわれたのだが、


先生 「んん?2つ袋がある」


私 「えっ!?どういうことですか?」




先生 「双子かもしれませんね~診察の時に双子だと言われませんでした?」


私 「言われませんでした。。。」(心の中ではパニック状態)


グリグリと内視鏡でいろんな角度から見てみると、、、、




先生 「やっぱり双子です。2つとも赤ちゃん、心拍確認できてます」

39f2687e-s.jpg




私 「えええぇぇぇー!ちょっと待って!どうしよう!」




先生 「二卵性ですね」



その後、二つとも心拍確認できてるのかもう一度聞き直したり、2卵性って何?袋がふたつある状態ですよと言われたり


パニック状態(~o~)出血と下腹部痛での診察して、流産の可能性も?と心配になってたのが、まさかの双子宣言!



前回確認とれなかった心拍があって、うれしいはずなのに



こわい、怖すぎる!一人でさえ出産育児に不安にかられていたのにまさか双子とは!!

どうしたらいいのか放心状態!こんな弱気な私から双子がはたして生まれるのか(?_?)


親戚には双子は一人もいない。どこの遺伝子よ!?

「どうしよう、どうしよう」とブツブツとつぶやきながら病院を後にした。



二人を一度に産む自信もなけりゃ二人を育てる自信もない


コワいコワすぎる

一人ですら怖いのに



運転しながらかなり動揺してしまったので、途中、公園で車を止め、(←それがこの公園)





池を見つめながら、泣きながら



夫に電話


私 「どうしよう。。。。どうしよう」



夫としては私が出血で病院に行って電話でどうしようといってるからてっきり流産したと思ったらしい



「双子なんて産む自信ない!育てる自信ない!」と泣きながら伝えると

「なんで~?いいじゃない。楽しいじゃない!」と、何とも楽観的な答え。



双子は出産にも胎児にもリスクがある



その後、この公園で母にも電話した

驚いていたがこちらも楽観的(^_^.)


「こういっちゃなんだけど、いっぺんに育児が終わっていいじゃないと。。。」

そういう問題じゃなーい!!!



いや、そうなんだけど。リスクは確かにある。これからかなり不安だ。

でも、授かったからには何か意味があるのかもしれない。前向きに考えなきゃ。

双子という事実が判明して決めたことが1つ。

初期の染色体異常の胎児ドックは受けないことに決めた(このことについては賛否両論あると思いますがあくまで当時の私の考えです)

二卵性の双子ということは、どちらかひとつに異常があってどちらかひとつが正常ということがある。

その場合、私には2人を堕胎するなんて選択はできないから。ただただ2人が健康に生まれてくることを祈る。

双子の出産は胎児にもリスクがあるので、そんなことで悩んでる場合じゃないような気がした

とにかく2人がお腹の中で元気に育ってくれたら、こんなにうれしい事はない。

神様お願いします。2人が無事、健康に、元気に生まれてきますように。



以上、当時の日記からの引用でした


そんなことを思っていた当時の双子妊娠中の私


その公園に再び元気な(風邪ひいてるけど(^_^.))双子達と来れたことは、スゴイ事なんだなぁ~と改めて思い出し、昔の日記を振り返りたくなりました

20151115 (10)

あの時の不安で泣いていた自分に伝えたい

お腹の中にいた二人、こんなに大きくなったよ(*^_^*)。。。と



でも、この日記では、6w6dに双子が判明したように書いてるけれど、



その前の6w3dの受診の時でまだ心拍が確認できていなかった頃、すでにで双子じゃないかと疑っていた私(^_^.)


だって、その時のエコー写真がこれなんですが

dd2a4b8c-s.jpg

袋の横に、もう一つ袋があるように見える

ff5d0648-s.jpg


これはなんですか?と先生に聞いてみたところ、出血の後だね~なんて言っていましたが


その時は、これが出血の後なのか。。。と思いつつ

家に帰って、ネットで双子妊娠がどのくらいの時期で判明したかとか、双子妊娠のエコー写真なんてのを調べまくってました(^_^.)

夫にも双子だったらどうする~?なんて軽いノリで聞いていたり


でも、まぁ、エコー写真を見まくっている先生が出血の後だと言うのだから、そうなんだろう。。。と自分を納得させてたんですがね



「え!?まさかの双子!!!\(◎o◎)/!」と思いつつも

「やっぱりあのエコー写真双子だったんじゃん!!!」とも思ってました(笑)


まぁ、あの時点で心拍確認できなかったから、先生も明言しなかったのかもしれません(^_^.)


その後も妊娠中、初期から入院したり、後期まであらゆるトラブルありましたが、無事双子が産まれて本当にありがたい限りです

今でも私は双子母の器ではないと思っているし、自分のキャパオーバーにアタフタする毎日ですが、それでもここまで育ってくれた、こんな私でも今のところ、どうにか双子母やってます^m^

それもこれも、楽観的な周囲に支えられていたからだと思います(^_^.)



公園の木々には

20151115 (20)

まるでオーナメントのような実が

20151115 (57)

可愛い(*^_^*)

20151115 (61)


イベントでお餅つきをやっていて

20151115 (25)

もらって

20151115 (27)
(左のお姉ちゃん、スカートのゴムのところに、ガチャガチャで引いたハンカチをはさんでいます(-_-;)その後も大切なものはパンツのゴムに挟むように。。。(-_-;))

食べたり

20151115 (33)

ガチャガチャしたり

20151115 (24)

キャラクターの着ぐるみにビビって泣いたり

20151115 (38)
いやいや、君たちがおコメさんの所に行きたい~と言ったから車をユータンさせたのだがね。。。(^_^.)


そして家路につく

20151115 (16)


縁あって双子として生まれてきたのだから、双子として楽しんでほしいし、私ももっと双子としての育児を楽しみたいです(これがなかなかの課題です(^_^.))


。。。といいつつ、本日も妹ちゃん少し熱が残っていて、幼稚園を休んだので、一人っ子気分を満喫しましたが。。。(^_^.)
(その時の事はまた後日)

たまには一人と思いっきり接する時間は双子育児とは違う時間で、1対1のマッタリした感じ^m^心に余裕ができて楽しいです^m^

まぁ、これも日ごろ双子育児をしているからこそ思える時間ですかね(*^_^*)



妊娠出産カテゴリーを作ったのに、やっとこれで2記事目(^_^.)
次回はいつになるかわかりませんが、双子妊娠中の変化やトラブルなんかも書きたいです


ご訪問ありがとうございます
更新の励みになるので、ポチッと押していただけたら嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村
スポンサーサイト

双子新生児小児科付き添い時代

Category : 双子妊娠・出産
前回の記事をカテゴリ別に分けるために二つに分けました。少し追記ありです

新たに双子妊娠・出産のカテゴリを作りました

3歳を前に振り返えろうか?なんていう軽い気持ちです

続くかどうかわかりませんが宜しくお願い致します




久しぶりに私が選んだ服を着たお二人

IMG_3941_201507071111262ca.jpg

お昼ごはん食べたら一瞬で汚れましたけど(^_^.)

IMG_3945.jpg


双子妊娠の管理入院中、同室だった双子ママさんに偶然バッタリ出会いました

入院中はみんなスッピンだったし、髪の毛の雰囲気も全然違うので、双子連れていなきゃ気づかなかった\(◎o◎)/!
(スッピンでもメイクしてても可愛い人ですが)

そういえば、入院中とNICU通いしている時の雰囲気が全然違う人が多くて、この人誰!!!???って言うのよくあったな~

NICU通いは外界に降りるからか、結構みんな小奇麗にしてくるんだよね~

これって長期入院 & NICUあるある?

ちなみに私は自分が退院してからNICUと小児科通いは2日間だけでした
(満床だったので一人は小児科に保育器のケースごと転科させられ)

本当は自分が退院したその時から、双子が2300gを超えるまで、小児科に付き添い入院とのことでした
(我が家の双子は幸いにも呼吸は安定しており、哺乳力も徐々に上がってきて、低体重と体温の調整管理で退院許可が出なかったので、私が退院ぐらいの時に小児科に移動になったのです)

そのまま付き添い入院は、オムツもない!ミルクもない!哺乳瓶もない!子供の服もない!タオルもない!搾乳機もない!自分自身の準備もしたい!一度家に帰らせてくれ!と訴えて二日間は搾乳して冷凍した母乳を持って通いにしてもらいました
(家から車で15分くらいの場所の病院に車で通ってその間に色々準備しました。ミルクと哺乳瓶は結局お金払って病院で用意してもらった)

たった2日間だったけど家好きなので自分の布団で寝られるのが幸せでした。そしてテレビをイヤホンなしで見れるのも幸せでした

本当は3時間おきの搾乳だったけど、夜中はチョットサボって4.5時間開けてました(笑)

NICU通い、皆さん色々な思いでされていたと思います。県外だったり、赤ちゃんの様子が心配だったりで辛かった方も多かったはず。でも私にとってのこの二日間は家でチョット一息つけた瞬間でした


その後は双子が2300gを超えるまで、小児科に食事ナシの地獄の付き添い入院を20日間ほどしていました
(これはね、全国の食事ナシの小児科に切実に訴えたい!付添人にもバランスのとれた食事が出る制度を求む!NICU上がりの赤ちゃんだけでなく、色んな病気の子供抱えたお母さん、ホントにぶっ倒れちゃうよ)


そう、私の双子育児の本格的なスタートは小児科に付き添い入院でのスタートでした

この時は看護士さんの見回りチェックがくるので、キッチリカッキリ3時間おきの決まった量の母乳&ミルク&体温チェック

最初に体重計り、母乳あげて、また体重計って足りない分をミルクをあげて×2、その後余った母乳を搾乳して

沐浴はナースステーションの一角でやってました


小さかった付き添い入院時代

お姉ちゃん
20120916 (8)
オカメ納豆のおたふくに似てました

二人と同じベッドで寝ていたので、小さすぎて踏み潰しそうで怖くて、私は常に隅っこで丸まって寝てました

妹ちゃん
20120916 (6)
サルでした

新生児時期は後から考えると、あまり泣かない赤ちゃんでした

退院するくらいからよく泣くようになったかな




と、話がずれましたが

通いの時も、小児科の付き添い入院の時もやっぱりザッーッと適当な化粧はしてましたね~

退院したのは本来の出産予定日付近でした

私は運よく個室が空いていたので個室を選びましたが、退院の時の精算がドエライ金額になっておりました\(◎o◎)/!
(個室代は戻ってきませんしね)


なんだか管理入院仲間に会うと、あの頃を思い出し、懐かしくなりました


チョット時間もらって悩みなんかをお互い話できて、スッキリでき、元気もらえた一日でした(*^_^*)



最後まで読んでいただきありがとうございます
足跡代わりにポチッと押していただけたら励みになります
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
NICU通いをされた方、化粧はしてましたでしょうか?(*^_^*)
プロフィール
小20110724 (2)

ポコ

Author:ポコ
一戸建てに住み始めたことをきっかけに、今までやったことのないガーデンDIYや、ハンドメイド家具作りに目覚めました。また、2012年に誕生した双子との日々を綴っています

ブログランキング
ランキングに参加しています♪ 更新の励みになるのでよかったら下のバナーをどちらかひとつポチッと押していただけたらうれしいです
インスタグラム
Instagram
カテゴリ
ブログ内 検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

このブログの読者になる

fc2カウンター
最新コメント
双子月齢
DIYリスト

ままごとキッチン ウッドデッキ ベビーゲート パーゴラ ウッドフェンス ハンドメイド家具 テレビ台リメイク パソコンカウンター 家具風ペットサークル 

楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。